眠気対策ブログへようこそ!

このブログは、
「仕事中や会議中に襲って来る睡魔をなんとかしたい」
「運転中なんだけど、眠くて仕方ない」
「勉強をしたいのに、始めるとすぐに眠くなる…」
といった、日中や眠りたくない時に感じる「眠気」を解消していくために、できることはないのか考えるブログです。

このブログがあなたの眠気解消の一助になれば幸いです!

昼食後に堪え難い眠気を感じて悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
特にデスクワークでずっと机に座っている方や、授業を受けている学生の方。
自分だけが眠いわけではないとわかっていても、眠気を我慢するのは精神的につらいものがあります。

人の生体リズムには3つのリズムがあります。
約24時間(約1日)周期で繰り返される「サーカディアンリズム」(概日リズム)。
約12時間周期で繰り返される「サーカセミディアンリズム」(概半日リズム)。
約90分周期で繰り返される、「ウルトラディアンリズム」(超日リズム)。
この3つのリズムが「眠気」をコントロールしていると言われています。

昼食後の14:00頃、眠気のピークがやってくるのは、この「サーカディアンリズム」と「サーカセミディアンリズム」の眠りのリズムが、ちょうど重なる時刻だからです。
(深夜にも重なる時間帯がありますが、その時刻は深夜の仕事に従事している人や勉強中の人以外は、たいていは眠っている時刻になります)

この時間に眠気を感じるのはしかたのないことだと言われていますが、だからといって誰もがその時刻に昼寝や休憩できるわけではありません。
時には大切な会議や打合せが重なり、必死の思いで起きていようとしたにもかかわらず、意識がもうろうとしてしまい、後悔する...といったこともあるでしょう。

そんな時のために、ここでは昼食後の眠気対策をまとめてみました。
★印は特におすすめの対策です。

<事前におこなっておく対策>
★昼食後、一杯コーヒーを飲んでから15分ほど目を閉じて休憩する
※実際には眠気を感じてからコーヒーを飲む人が多いですが、効き目がゆるやかなので、飲んですぐには目が覚めません。
◎コーヒーのかわりに、カフェイン剤を飲んでおく
◎昼食は満腹になりすぎないよう注意する
◎厚着しすぎない(体温があがると眠気を感じるため)

<眠くなったら行いたい眠気対策>
★ツボ刺激(ツボ刺激詳細はこちら>>)
★キシリトールやミント系のガムを噛む
★保冷剤をタオルで包み、首元にあてる
◎積極的に人と会話する
◎冷たい水で洗顔する
◎ラジオ体操で気分転換
◎トイレで5分仮眠
◎のぼせているようなら、上半身を薄着にする
◎買い物や営業など、外出する用事をつくる

<非推奨眠気対策>
◎目の下にメンソレータムを塗る
(目の中に入ると、当然痛いです)
◎喫煙する
(ニコチンには覚醒作用がありますが、カラダにはよくありません)
◎ペン先で手の甲を刺激
(瞬間的な痛みなので、思っている程効果はでません)
◎少し恥ずかしい思いをする
(何か失敗をしたときなど、すぐに目覚めますが、自分でコントロールするのは難しいようです)
◎栄養ドリンクを飲む
(カフェインを含んでいる物もあり、目が覚めますが、糖分を多く含んでいるので注意が必要です)

PHM11_0261.JPG


今回は、職場にあったらウレシイ設備ランキングをご紹介。
ランキングの結果を見れば、一目瞭然。
職場で眠気を感じている人は、かなり多そうです。


「仮眠室」「酸素カプセル」は眠気や頭がぼんやりする時にあるとウレシイですね。
実際に導入している会社があれば、うらやましい限りです。



会議中・授業中の眠気対策

会議中や授業中に耐えられない程の眠気が襲ってきたとき、あなたはどうしますか?
すべてをあきらめて眠ってしまえれたらいいのですが、世の中そんなに上手くは行きません。

大切な会議で集中できず、必要な情報を聞き逃していたら...?
授業中に居眠りしているのがバレて、先生に怒られたら...?

ここでは、そうならないための眠気対策をご紹介します。

◎眠気覚ましのツボ刺激

どうしても眠くなってしまったとき、気づかれずにできるツボ刺激は、覚えておくと便利です。
効果は人それぞれなので、日頃からどのツボが自分には合っているのか試しておくといいでしょう。

眠気覚ましのツボについてはこちらから>>

◎コーヒーを飲む

眠気覚ましの定番です。ブラックで飲むと効果があがるという人もいますが、実際は砂糖とミルクを入れてもあまり変わりません。含まれるカフェインの量に左右されると考えた方がいいでしょう。
ただ、効き目はゆるやかなので、眠気覚ましにはならないと感じる人も多いようです。

DX076_L.jpg

◎カフェインを多く含む錠剤やドリンクを飲む

コーヒー5杯程度のカフェインを含んだ錠剤やドリンクが販売されています。
コーヒーを飲むよりカフェインを多く摂るため、眠気解消には効果的ですが、胃が弱い人には胃壁を痛める可能性があるので不向きのようです。

また、肉体疲労時などに飲む滋養強壮系ドリンクを眠気覚まし(主にだるさなどをとる目的で)に利用している人もいますが、実は滋養強壮系ドリンクにもカフェインが含まれているため、眠気覚ましとしても効果があるのです。

◎午後の会議(授業)なら昼休みに仮眠を

午後の14時前後は、眠りのリズムで自然と眠くなってしまいます。
それは避けられない眠気でもなので、無理をせず10分〜15分程度、昼休みに仮眠をとっておくといいでしょう。
また、お腹が満腹になると満腹中枢が刺激され眠くなるので、昼食の量は腹八分目で。

◎喫煙

最近は禁煙があたりまえとなっています。
カラダへの影響も考えると、あまりおススメはしたくありませんが、ニコチンには覚醒作用があるため、眠気を覚ます効果が期待できます。

◎保冷剤を手に握る

女性ならおなじみの保冷剤(夏場など、ケーキと一緒に入っている手のひらサイズの小さなパック。凍らせて食品が傷むのを防ぎます)を、冷凍庫に入れておき、会議(授業)の前に取り出しハンカチやタオルで包んで会議に持ち込みましょう。
眠くなってきたら、手のひらに握るだけでも冷たさですっきりします。

◎発言する機会を増やす

会議中や授業中の眠気は、じっとしているからこそ起きるもの。
手を挙げて発言する等、積極的に参加することで眠気を防ぐ事が出来ます。


まだまだ、探せば有るのかもしれない眠気対策。
他にもあれば、またご紹介いたします。