*[眠気の原因]の新着記事*

(9)その他

| コメント(0) | トラックバック(0)
ここではその他の原因によっておきる眠気について、調べてみました。

■聴覚

一定のリズムで同じ(一定の)音を聞き続けていると眠くなる。
時計の音、波の音、直線を走っているときの電車の音など、一定のリズムを持った音を聞くと、脳はリラックスする。

■視覚

周囲の景色に変化がないと、眠気があらわれる。
直線が続く高速道路など。

■触覚

触れていて心地よいと感じるものに触れているうちに眠気があらわれることがある。
(犬や猫などのペットの毛、カーペット、人の手のひらなど)

■嗅覚

精神を落ち着かせる作用のあるハーブなどで、眠りに誘導されることがある。
ラベンダー、カモマイル、オレンジなど


ここまでくると「味覚」にも何か眠気に関連したものがあって欲しい気もしますが、さすがにそれはみつかりませんでした。



ここでは飲酒による眠気について、
その原因など、調べてみました。

■アルコールの作用

アルコールは脳の神経活動を抑制するため、アルコールを摂取すると眠気をもよおします。
※アルコールは入眠時の時間を短縮するため寝酒として利用されることもありますが、続けると耐性ができ、摂取量が増え、やがてアルコール依存症となる場合もあるので注意が必要。

アルコール摂取後は、短時間でも眠ると、アルコールの消化が早くなると言われているが、実際には眠っても変わらないことが多い。(丸一日かかるという説も)

アルコールは飲む量によって入眠時の時間を短縮するほか、眠りの質にも影響を与える。



(7)季節要因

| コメント(0) | トラックバック(0)
ここでは季節要因として考えられる眠気について、
その原因など、調べてみました。

■春になると感じる眠気

自律神経の乱れや日照時間の変化が関係していると言われています。

特に冬から春に変わる時期は、気温の変動が激しいため、体の働きを調整している自律神経が、その変動に対応できず、バランスを乱してしまうのです。
そして自律神経のバランスが乱れると、ホルモンの代謝もまた乱れ、その結果、眠気やだるさといった、春の不調を招く原因となるのです。
この不調を解消するにはビタミンB群を補充するといいと言われています。

日照時間も冬場は短かったものが春になり長くなっていくため、生体リズムの乱れを招き、眠気がでやすくなります。

また、この時期は花粉症に悩む人も多くなります。
花粉症の薬に含まれる抗ヒスタミン剤が眠気を誘発している場合もあります。

sakura.jpg